Sponsored


Warning: Use of undefined constant HTTP_USER_AGENT - assumed 'HTTP_USER_AGENT' (this will throw an Error in a future version of PHP) in /home/realizarse/heeeehuuum.club/public_html/wp-content/themes/stinger8-child/functions.php on line 292

掃除

鍋底の焦げを簡単に落とす方法

投稿日:2015/3/17 更新日:

img_6128
煮物や鍋物をしていると、うっかり鍋を焦がしてしまう時がありますよね? つけ置きをしても、ゴシゴシこすってもなかなか落ちません。 大事な鍋、お気に入りの鍋だったら、尚更ショックですよね。 そんな時に、簡単に焦げが落ちる方法があればと思いませんか? そんな方法があるんです!

焦がした鍋

img_6469
先日、豆乳鍋をしました。 濃厚な豆乳鍋だったせいか、煮込んでいるうちに、鍋底がこんな事に。 琺瑯製の鍋です。

スクレーパー

水に浸けておくくらいでは、なんの効果もありませんでした。 もっと焦げていたのですが、簡単に取れる焦げはスクレーパーで取り除きました。 スクレーパーです。 キッチンに1つあると便利なグッズです。

鍋の焦げを落とす方法

鍋の焦げ落としといえば、いくつか方法があります。
  • 重曹で煮る
  • 食器用洗剤で煮る
  • 酢で煮る
  • ウィスキーで煮る
などです。 今回、紹介するのは、クエン酸で煮る方法です。

用意するもの

  • 水 適量
  • クエン酸 適量
  • メラミンスポンジ

やり方

鍋に水を入れる
img_6470
鍋の大きさにもよりますが、200~300CC程度を目安にしてください。
火をかけて沸騰したらクエン酸を大さじ2杯程度入れます
img_6471
沸騰したらクエン酸入れる。 クエン酸の量は、水の量に合わせてください。 10分間、弱火~中火で煮込みます。
10分後
img_6472
水が茶色くなっています。
スクレーパーで剥がす
img_6473
火を止めてから、焦げの部分をスクレーパーで剥がします。 ペロンと簡単に剥がれます。 火傷しないように注意してくださいね。
食器用洗剤を使って洗う
img_6474
大半の焦げが落とせました。あとは、食器用洗剤を使って洗います。
細かい焦げを落とす
img_6475
細かい焦げは、メラミンスポンジを使ってこすり落とします。 この時に、重曹をかけてこすると、さらに落ちやすくなります。ただし、アルミ製の鍋には使えません。
きれいになりました
img_6476
ほとんどキレイになりました。 少し焦げ跡のようなものがありますが、これは、以前焦がした時に、おたまで強くこすってしまい、細かい傷になってしまいました。 今回の焦げについては、キレイに落ちています。

Before & After

img_6469
img_6476
焦がさないように気をつけるのが一番ですが、もしも焦がしてしまった時には、筆者のように、おたまでガリガリしたりせず、ぜひこの方法をお試しくださいね。

-掃除

執筆者:

共有する

コメントを閉じる

comment

メールアドレスが公開されることはありません。

Sponsored

Sponsored

sponsored



 Heeee Huuumをフォローしてください

更新メール

メールアドレス送信で、更新メールを受信出来ます。

1人の購読者に加わりましょう