アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓の違い

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓

アイスクリームといえば、夏。 かもしれませんが、季節外れな記事ですみません(笑) と言っても、冬に暖かい部屋で食べるアイスクリームも中々美味しいんですよね。 筆者は、冬でも突然食べたくなる時が多々あります。

アイスクリームのパッケージを見てみると、商品名の近くに種類名が記載されているのを目にしませんか?

  • アイスクリーム
  • アイスミルク
  • ラクトアイス
  • 氷菓

と種類が分かれていますが、みなさんは、この種類を見て選んでいますか?

  • 商品名で選んでいる
  • パッケージのデザインを見て選んでいる
  • CMのイメージで選んでいる

など、種類をあまり気にしない方も多いと思います。

アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓。 どういう違いがあるのでしょうか?

アイスクリーム(種類名のアイスクリームではない)は、主に牛乳から作られています。 牛乳から水分を取り除いたものを乳固形分といいます。 その乳固形分の中に含まれる脂肪分を、乳脂肪分といいます。

アイスクリームの種類は、乳固形分乳脂肪分の割合の違いで、アイスクリーム、アイスミルク、ラクトアイス、氷菓と分類されているそうです。

アイスクリーム

(乳固形分15%以上 乳脂肪分8%以上)

一番コクがある味わい

牧場しぼり(グリコ)、Gran(明治)など

アイスミルク

(乳固形分10%以上 乳脂肪分3%以上)

ラクトアイスに比べると、ミルクの風味が強くアイスクリームラクトアイスの中間的な味わい

MOW(森永)、パピコ(グリコ)など

ラクトアイス

(乳固形分3%以上 乳脂肪分-)

上記二種類に比べ、サッパリした味わい

スーパーカップ(明治)、雪見だいふく(ロッテ)など

氷菓

(乳固形分- 乳脂肪分-)

乳固形分、乳脂肪分が全く含まれていないか、乳固形分が3%以下のものをいいます。 シャーベット系のものがこれにあたります

ガリガリ君(赤城)、アイスの実(グリコ)など

普段、アイスクリームを選ぶ時、種類をあまり意識しない方が多いと思いますが、これを機に、種類も参考にしてみて下さい。

好みに合わせて選ぶのもいいですし、食べ比べてみて、違いを検証してみるのも楽しいと思います。 あなたのいつも選ぶアイスクリームが、どの種類にあたるのか、ぜひチェックしてみて下さいね。

著者: Heeee Huuum

投稿日: 2015/02/07 最終更新日: 2022/09/10

投稿日: 2015/02/07

最終更新日: 2022/09/10