ノンシュガー、シュガーレス、無糖、糖類ゼロ、糖質ゼロの違い

ノンシュガー、シュガーレス、無糖、糖類ゼロ、糖質ゼロ

健康志向の高まる現在。 飲料や食品などのパッケージに、様々な表記がされています。 健康のため、ダイエットのため、その表記を見比べて購入する機会が多いかと思います。 その中でも、糖分の表記が分かりづらいと感じませんか?

ノンシュガー、シュガーレス、無糖、糖類ゼロ、糖質ゼロ。 同じような似ているような。 その違いについて調べてみました。

まず、ノンシュガーシュガーレス無糖糖類ゼロは、同義語です。 食品100g飲料100mlあたり、糖類が0.5g未満であるという意味です。

糖質ゼロは、食品100g飲料100mlあたり、糖質が0.5g未満であるという意味です。

では、糖類と糖質とは、どう違うのでしょうか?

糖類と糖質の違い
糖類

二糖類(砂糖、乳糖)

単糖類(ぶどう糖、果糖)

多糖類

オリゴ糖、でんぷん等

糖アルコール
キシリトール等
その他

アセスルファムK、スクラロース等

上記、糖類多糖類糖アルコールその他をまとめて、糖質(炭水化物)といいます。

糖類は、糖質のひとつという事です。

糖類ゼロの場合は、糖類の含有量が食品100g飲料100mlあたり糖質が0.5g未満であるが、糖類以外の糖質の含有量は食品100g飲料100mlあたり糖質が0.5g以上である。

糖質ゼロの場合は、糖類を含め全ての糖質の含有量が食品100g飲料100mlあたり糖質が0.5g未満である。

違いが分かりましたか? ダイエット中、糖分の摂り過ぎなどが気になる方は、飲料や食品を選ぶ時に、ぜひ参考にしてみて下さい。

著者: Heeee Huuum

投稿日: 2015/02/07 最終更新日: 2022/09/10

投稿日: 2015/02/07

最終更新日: 2022/09/10