【三重県】湯元山荘『湯ノ口温泉』

【三重県】湯元山荘『湯ノ口温泉』のアイキャッチ画像

三重県熊野市にある、湯元山荘『湯ノ口温泉』へ行ってきました。
湯元山荘『湯ノ口温泉』の浸かり心地や感想、周辺の観光地やグルメ情報などについてを紹介します。

湯元山荘『湯ノ口温泉』MAP

三重県熊野市とは、紀伊半島の南東部にある市です。
和歌山県、奈良県との境目付近にあります。
熊野市といえば、世界遺産の熊野古道、熊野本宮大社が有名です。
面積の約88%が森林とのことで、海と山の囲まれた自然豊かな市です。
特産物、特産品は、那智智黒石、さんま寿司、めはり寿司などがあります。

湯元山荘『湯ノ口温泉』外観

湯元山荘湯ノ口温泉外観

湯元山荘『湯ノ口温泉』は、入鹿温泉ホテル瀞流荘と同じ会社が経営しているそうです。
2015年に全面リニューアルオープンしたそうで、比較的新しくキレイな施設です。

湯元山荘『湯ノ口温泉』湯めぐり手形

湯めぐり手形

湯めぐり手形(1100円)を購入すると、湯元山荘『湯ノ口温泉』と入鹿温泉ホテル瀞流荘のどちらにも一日に何度も入れます。
その2ヶ所を結ぶトロッコの乗車料金も含まれています。
湯元山荘『湯ノ口温泉』の利用料が、大人550円。
入鹿温泉ホテル瀞流荘の利用料が、大人700円。
トロッコの往復乗車料金が、550円。
どちらも利用するならお得です。
湯めぐり手形のお子様料金は記載がなかったので、設定がないのだと思います。

湯元山荘『湯ノ口温泉』トロッコ電車

湯元山荘湯元山荘トロッコ電車

瀞流荘駅と湯ノ口温泉駅を結ぶトロッコ電車で、瀞流荘駅で停車しているところです。
鉱山で実際に使われていたトロッコだそうです。

熊野市紀和町には、かつて東洋一を誇る鉱山がありました。 その歴史は古く約1,200年前に銅が採掘されていたという記録があります。 鉱山で実際に使われていたトロッコが、2つの温泉をつないでいます。

2023年3月訪問時、トロッコ電車とレールマウンテンバイクは、安全点検のため当面の間運休とのことでした。
トロッコ電車に乗る気満々で行ったので、ものすごく残念でした。
次回リベンジします。
2023年5月時点、まだ運休中とのことなので、トロッコ電車目当ての方は、公式サイトを確認の上訪問してください。

湯ノ口温泉駅の様子

湯ノ口温泉駅から見た、トロッコ電車の線路です。

湯ノ口温泉駅看板

湯ノ口温泉駅看板

湯ノ口温泉駅掲示物

湯ノ口温泉駅から乗ろうと思うと、トロッコ電車が来ない場合があるようです。
瀞流荘駅から乗るか、湯ノ口温泉から乗る場合は、出る前にスタッフさんに声かけた方が良さそうです。

湯元山荘『湯ノ口温泉』宿泊施設

湯ノ口温泉総合案内板

施設内の敷地は結構広いです。
コテージ、ロッジ、バンガローと宿泊施設があります。
バーベキューもできるそうで、バーベキュー用品の有料貸し出しもあるようです。
コテージ、ロッジ、バンガロー、どれも同じような意味と認識していたけど、一体どう違うんだろうと気になり調べてみました。
コテージ→ロッジ→バンガローの順で、コテージが一番設備が充実しているそうです。
言葉の意味を調べてみると、
コテージは、別荘風の小住宅。
ロッジは、山小屋、山小屋風のホテル・旅館。山荘。
バンガローは、木造の簡易な宿泊施設。

湯ノ口温泉のコテージ
炊事場、囲炉裏、シャワー室、トイレ付
調理器具貸出有

湯ノ口温泉のロッジ
共同炊事場、冷蔵庫有り、調理器具貸出有り
和室 10畳・4.5畳
バス・トイレ付
※全室 シャワートイレ完備

湯ノ口温泉のバンガロー
ロフト キッチン
トイレ(ウォシュレット) 室外洗濯機

湯元山荘湯ノ口温泉コテージバンガロー入口

コテージ、バンガローの入口です。
右手の橋を渡ると、ロッジや公園の方面です。

湯元山荘湯ノ口温泉コテージとバンガロー

コテージとバンガローです。
川遊びも楽しめるようです。

湯元山荘湯ノ口温泉公園

公園もあリます。
「バーベキューをされる場合は…」という注意書きがあるので、ここでやることも可能なようです。
宿泊者限定なのか、バーベキューのみでの利用も可能なのかは不明なので施設にご確認ください。

湯元山荘湯ノ口温泉お休み処

奥に見えるのが、お休み処です。
訪問時は閉まっていました。
土日なら開いているのかもしれません。
コーヒーなどが飲める感じなのかなと思います。

湯元山荘湯ノ口温泉バンガロー

トロッコ電車の湯ノ口温泉駅から見たコテージなどの様子です。
自然の中でゆっくり過ごせて、温泉で癒せて、バーベキューや川遊びも満喫できて、宿泊での利用も良さそうです。

湯元山荘『湯ノ口温泉』浴場

湯元山荘湯ノ口温泉パンフレット

熊野材をふんだんに使用した木の香り漂う温泉施設です。
他のお客様がおられたため、浴場の撮影はできませんでした。
代わりにパンフレットを借用させていただきました。
ヌルヌル系の好きな泉質でした。
近くなら何度も来たいと思う温泉です。
全体的に雰囲気も良くて、きれいで落ち着くお風呂です。
内風呂、露天風呂、寝湯、半身浴、立ち湯と、いろいろ楽しめるところも良いです。

湯元山荘『湯ノ口温泉』館内

湯元山荘湯ノ口温泉休憩処

 お風呂上がりに休憩できます。

湯元山荘湯ノ口温泉庭

お庭には、小さな桜の木がありました。
この「クマノザクラ」は、2018年に新種と判断されたそうです。
下記リンクのサイトで、「クマノザクラ」のことが詳しく書かれています。

熊野本宮大社

熊野本宮大社

熊野本宮大社にも立ち寄りました。
パワースポットだそうです。
何か空気が違う感じがしました。
家族の健康などを見守ってもらえるよう、しっかりお願いしてきました。
両サイドの狛犬もマスクしています。

さいごに

湯元山荘『湯ノ口温泉』は、温泉もアウトドアも堪能できる良い施設です。
自然の中にある、良い泉質の温泉です。
ドライブがてら出掛けてみるのもおすすめです。
是非行ってみてくださいね。

『湯元山荘湯ノ口温泉』施設データ

施設名
湯元山荘湯ノ口温泉
露天風呂
水風呂
サウナ
ボディーソープ
液体ボディーソープ
シャンプー
リンスインシャンプー
基礎化粧品
綿棒
その他アメニティー
ドライヤー
バスタオル
レンタル(有料)
ボディータオル
販売
脱衣ロッカー
100円返却式
貴重品ロッカー
その他設備
宿泊施設
食事処
休憩所
駐車場
(無料)
営業時間
9:00~21:00
定休日
なし
所在地
三重県熊野市湯ノ口10番地
電話番号
0597-97-1126
URL
湯元山荘湯ノ口温泉
入浴料
[大人]550円
[小人]280円
[貸切風呂]60分/1100 円(入浴料別)
割引クーポン
湯めぐり手形(湯ノ口温泉とホテル瀞流荘に1日何度でも入浴ができるフリーパス、トロッコ乗車券付き)の販売あり。
大人1枚 1100円(有効期限1日)
初回訪問年月
2023年3月
最終訪問年月
2023年3月
備考

『湯元山荘湯ノ口温泉』温泉データ

泉質
ナトリウム・カルシウム‐塩化物泉
浸透圧分類
低張性
液性分類
弱アルカリ性
泉温分類
高温泉
温泉効能
筋肉若しくは関節の慢性的な痛み又はこわばり(関節リウマチ、変形性関節症、腰痛症、神経痛、五十肩、打撲、捻挫などの慢性期)、運動麻痺における筋肉のこわばり、胃腸機能の低下(胃がもたれる、腸にガスが溜まるなど)、軽症高血圧症、耐糖能異常(糖尿病)、軽い高コレステロール血症、軽い喘息又は肺気腫、痔の痛み、自律神経不安定症、ストレスによる諸症状(睡眠障害など)、病後回復期、疲労回復、健康増進。
きりきず、末梢循環障害、冷え症、うつ状態、皮膚乾燥症。
源泉温度
44.7℃
温泉温度
44.7℃
湧出量
(L/min)
色・味・ ニオイ
加水
加温
循環
消毒
飲泉
pH値
7.7
電気伝導率
(mS/m)
ラドン
(Bq/kg)
密度
(g/㎤)
蒸発残留物
(g/kg)
ナトリウムイオン
(mg)
カリウムイオン
(mg)
マグネシウムイオン
(mg)
カルシウムイオン
(mg)
鉄イオン
(mg)
マンガンイオン
(mg)
リチウムイオン
(mg)
ストロンチウムイオン
(mg)
バリウムイオン
(mg)
アンモニウムイオン
(mg)
アルミニウムイオン
(mg)
フッ素イオン
(mg)
塩素イオン
(mg)
臭素イオン
(mg)
ヨウ素イオン
(mg)
硫化水素イオン
(mg)
炭酸水素イオン
(mg)
炭酸イオン
(mg)
チオ硫酸イオン
(mg)
リン酸イオン
(mg)
硝酸イオン
(mg)
亜硝酸イオン
(mg)
メタケイ酸
43.4(mg)
メタホウ酸
(mg)
遊離二酸化炭素
(mg)
遊離硫化水素
(mg)
総ヒ素
(mg/kg)
亜鉛イオン
(mg/kg)
鉛イオン
(mg/kg)
総水銀
(mg/kg)
カドミウムイオン
(mg/kg)
銅イオン
(mg/kg)
調査及び試験年月日
分析終了年月日
参照元
温泉分析書

『湯元山荘湯ノ口温泉』個人的評価

浸かり心地
清掃
接客
設備備品
雰囲気
総合評価

著者: Heeee Huuum

投稿日: 2023/05/30 最終更新日: 2023/07/20

投稿日: 2023/05/30

最終更新日: 2023/07/20

温泉 : 最新記事